プールや温泉で水虫は感染する

温泉 なんだか足が痒くなったり皮がむけてしまう水虫は、いつの間にか感染しています。
いったいどのような場所からどのような方法で感染するのでしょうか。

水虫の感染はほとんどが感染者が落としたり、つけたりした菌から感染します。
プールや温泉では、水場からあがるときにほとんどの人が同じ通路を通り、同じ足ふきマットや同じスリッパを使ったりします。
そして素足でロッカーを行き来するのが当たり前の風景です。
そのような多くの人が共有しているものを感染者が利用することにより、水虫の原因菌が落とされます。
そして感染者が使ったスリッパを使った健康な人の足に水虫の原因菌がつくことにより、感染してしまうのです。
特にプールや温泉などでの後では角質層がふやけて落ちやすくなっているため、角質に潜んでいる菌が感染することが多いと言われています。
しかし、水虫の原因菌は人間の足にくっついてから菌糸を伸ばし、角質層に感染するまで24時間かかると言われています。
プールや温泉などを利用してから24時間以内にしっかりと足を綺麗に洗うことができれば、感染するリスクは低減します。
このように簡単に水虫は感染してしまうため、自分に症状があるときにはプールや温泉を利用しないようにすることもマナーの一つです。

また、家族に水虫の人が居る場合にも家族に簡単に感染してしまいます。
そのため、水虫の人は最後にお風呂に入るようにしましょう。
その後、専用の足ふきマットや爪切りを使うようにすることで、家族への感染を防ぐこともできます。
素足でリビングなどを歩くことも感染するリスクが上がってしまいます。
専用のスリッパを使ったり、必ず靴下を履く、こまめに床を掃除するなどの対策を行うようにしましょう。

抗菌薬で水虫撃退!

水虫を撃退した足 真菌とは、カビの一種で、人に感染するカビは白癬菌やカンジダなどがあります。
足に感染した場合は足白癬(水虫)といわれ、そのほか、爪白癬(爪水虫)、頭部白癬(しらくも)などがあります。
カンジダは、人の体に普通にいる真菌ですが、免疫力が落ちたときなどに感染症を引き起こします。

抗真菌薬の効きかたですが、人間の細胞膜は、コレステロールが主成分であり、真菌の細胞膜はエルゴステロールが主成分です。
真菌感染症の治療はこの性質を利用して、真菌を殺します。
人の細胞はエルゴコレステロールで構成されていないため、エルゴコレステロールを破壊することにより、真菌の細胞膜に穴が開きます。
空いた穴より真菌は死滅していきます。

この考え方に基づいて最近、効果的な抗真菌薬がいろいろと医療用または市販薬(外用)として用いられています。
そのうちの一種の抗真菌薬にケトコナゾールがあります。
真菌にはニゾラールクリームが効くのですが、実はこのニゾラールクリームの成分もケトコナゾールです。
このケトコナゾールはクリームだけでなく内服薬やゲル、膣座薬や注射財として用いられています。
このように剤形を変えることで体のあちこちの真菌感染症、主に様々な水虫の治療方法として多くもちいられています。

その使い方の一種として、抗真菌薬をふくむボディソープとして発売されているものがあります。
このボディソープの使用目的は、洗顔、手、足、わきの下などの局所の洗浄や殺菌、体臭や汗臭の予防、ペットに触れた後の手洗いに、敏感肌の人の洗浄に使えます。
使用方法は、適量を手に取り、やさしく洗い流しましょう。
注意すべきことは傷やはれ、かぶれやただれなどの皮膚障害があるときは悪化の恐れがありますので、使用をしないことです。
かぶれや刺激感がでてくれば皮膚科の治療を受けましょう。
目に入った場合は十分洗い流しましょう。

抗真菌薬を使うと副作用になにがでる?

抗真菌薬の副作用を考える男性 抗真菌薬は、真菌類、いわゆるカビの一種で、人体に対して感染して病気をもたらすようなものの増殖を抑制したり、殺菌的にはたらいたりして、病気の症状の改善を目指すための医薬品全般を指しています。
このため、同じ抗真菌薬とはいっても、どのような種類の真菌に対して効き目があるのかや、効き目を発揮する上でのメカニズム、さらには副作用の現れ方などについても、微妙に異なっている部分があります。
そこで、抗真菌薬を使用する上では、病気の原因となっている真菌の種類に対して、もっとも効果的にはたらくものを選択するというのが、副作用を避けるための大前提となってきます。

これらの医薬品で起こりがちな副作用としては、一種のアレルギー反応が挙げられます。
外用薬を用いた場合、かぶれる症状が出ることがあります。
外用薬なので、体全体には現れませんが、塗布した箇所には現れることがあります。
使用後、1週間くらい水虫の症状よりもひどく皮膚が荒れ、悪化したように見えますが、効果が出ている証拠なので安心してください。
その後、皮膚荒れは落ち着くので治療を途中で中断してはいけません。
しかし、赤みやかゆみがひどく伴う場合においてはアレルギー反応の可能性がありますので使用を控え、医療機関にて受診してください。

また、服用する抗真菌薬ですと肝臓が悪くなったり吐き気や嘔吐、下痢などの胃腸系に副作用の症状が現れる場合があります。
水虫の抗真菌薬を服用した際にこれらの症状が現れることは稀ですが気になるときはやはり医療機関にて医師に相談しましょう。
これらの副作用の症状は体質や年齢、性別など個人差がありますので服用後すぐにあらわれるというわけではありません。

抗真菌薬には内服薬と外用薬の2種類がありますので、自分に合った治療薬を選択することが大切です。
水虫の抗真菌薬の使用により命にかかわるようなことはありませんので、その点は安心して使用してください。
ですが使用にあたり副作用の症状についての注意点は学んでおきましょう。