肌の主なトラブル

肌トラブルには荒れやかゆみ、ニキビなどが様々な要因によって起こります。
主な原因となるのは肌の角質層が薄くなることでバリア機能を失うか、毛穴から分泌される皮脂が毛穴に詰まることで起こる炎症です。
また、表皮内に存在するメラノサイトが紫外線を浴び続けることで、シミの原因となるメラニン色素を生成し続けることがあります。
定着することで紫外線を防ぎ肌を黒くするメラニン色素ですが、通常であればターンオーバーによって角質と共にメラニン色素は排出されます。
しかし、ホルモンバランスなどが崩れていると、ターンオーバーが正常に行われずにシミとなって残ったままになります。
ニキビも同様で、正常なターンオーバーが行われないと古くなって残ったままの角質が皮脂と混ざって毛穴の詰まりの原因となります。
毛穴が詰まると内部ではアクネ菌などの細菌が繁殖し、毛穴の中から炎症を起こしてニキビを起こします。
正しいスキンケアなどを行えばある程度は抑えることが可能ですが、間違った方法では古い角質が剥がれずに肌が硬くなったり、毛穴に詰まるようになります。
皮脂の分泌には男性ホルモンが深く関わっており、寝不足や過度のストレスを受けると過剰な分泌を行うようになります。
男性ホルモンには角質を厚くする働きもあるので、健康な肌を作るためにはストレスを発散して、質の良い眠りをとることが重要になってきます。
肌のターンオーバーはバリア機能を正しく機能させ、外部からの刺激や荒れにも強くなるので、新陳代謝を助けるような栄養素を食事から摂取する必要があります。
主にビタミンAやビタミンBが不足すると肌が荒れやすくなるので、積極的にビタミンを多く含む食材を摂取していくようにしましょう。

肌と加齢の関係

加齢によって変化していくお肌の状態ですが、年を重ねただけでどうして肌質が変化していってしまうのでしょうか。
まず、肌の水分量の問題が挙げられます。
肌を含む全身の細胞には、水分を蓄えるセラミドが含まれています。
このセラミドは、加齢と共に減少していってしまうのですが、そうすると細胞に蓄えられる水分(細胞内液)も減っていってしまいます。
加齢でお肌にハリがなくなってしまい、しわが出来てくるのはこの細胞内液の減少によるものです。
そして皮膚の生え替わりであるターンオーバー周期の延長も挙げられます。
肌は20代の人であれば、およそ28日の周期で、身体の奥から生まれた角質が表側に露出し、最終的に角質や垢としてはがれ落ちていきます。
しかし、このターンオーバーの周期は、40代、50代と年齢を重ねるごとに延長していってしまい、40代では40日前後かかるとされています。
若い頃よりも傷の治りが悪くなったと感じることはありませんか?
それは皮膚の生え替わりが遅くなり、損傷した皮膚の修復に以前より時間がかかるようになったからなのです。
年齢によって乾燥しやすくなったと感じる人も多いでしょう。
これも、性ホルモンの分泌が加齢と共に低下して起きる現象です。
皮膚表面の毛穴には皮膚を保護するための油脂を分泌する組織がありますが、この機能も年齢と共に低下します。
若い頃はニキビがよく出来ていたのに、最近はまったくなくなった、という場合はこの変化によるものです。
他に、皮膚の下の筋肉が弱くなっていくという問題もあります。
人間の顔には複雑な表情を作るために細かな筋肉が多数存在していますが、その筋肉が弱って小さくなってしまうと、肌がたるんでしわや法令線、ゴルゴ線などといった深いしわを作り出してしまうことになります。

肌への日焼けの影響

日焼けには様々な種類があります。
まず肌が赤くなったように日焼けしている場合は、その部分が炎症してしまっている可能性が考えられます。
放置しておくと水ぶくれができたり、赤みがひかないこともあります。
次に肌が黒くなったような日焼けですが、これはメラニン色素が大量に放出されていることが考えられます。
メラニン色素は、肌がダメージを受けた際に発生する物質です。
こうした日焼けの場合、そのままメラニン色素が肌表面に留まってしまい、その部分だけ黒ずんだままになってしまう、あるいはシミが発生してしまうことが多くあります。
本来であれば、ターンオーバーによって古い表皮と共に剥がれ落ちていくはずのメラニン色素ですが、増え過ぎるとそれも間に合わなくなるため、こうしたことが発生すると言うわけです。
しかし肌への日焼けの影響は、こうした目に見えるものだけ、そして比較的、早い段階であらわれるものだけとは限りません。
日焼けするほど日光を浴びたと言うことは、それだけ紫外線を浴びたと言うことです。
紫外線を大量に浴びると、体内では活性酸素と呼ばれる物質が大量に作られます。
この活性酸素は、細胞を酸化させる作用を持っています。
メラニン色素が発生するのは、この活性酸素の攻撃から細胞を守るためでもあるのですが、活性酸素によって細胞が傷つけられると、それは様々な形となって肌にも出てきます。
たとえば弾力や潤いを維持している細胞が傷つけられると、時間が経過してからたるみや深刻な乾燥が出てくることがあります。
また肌のバリア機能を果たしている細胞が傷つけられると、少しずつターンオーバーの周期が乱れがちになったり、日焼けしても元の状態に回復しにくくなることも考えられます。
このように、日焼けの影響は目に見えなくとも、確実に肌老化を進行させていきますから、可能な限り予防することが必要です。