仕事で靴を長時間履く人の水虫対策には通気性

靴
仕事で長時間、靴を履いているという方も、多いのではないでしょうか。
このような場合、水虫になりやすいので注意が必要です。
なぜ、靴を長い時間履いていると水虫になりやすいのかというと、原因である白癬菌の性質に理由があります。
白癬菌は湿度が高い場所を好む為、蒸れやすい靴の中は絶好のスポットです。
仕事で長く靴を履いているという方は、足が蒸れやすくその分、白癬菌に感染しやすい環境となっているのです。

このような場合、しっかりと水虫対策をして白癬菌の感染を予防しましょう。
湿気の多い場所を好む白癬菌ですので、逆に通気性の良い場所では活動が弱まります。
ですので、仕事で靴を履く時間が長いという場合、通気性のある靴を選びましょう。
もし、靴を変えられないというのであれば、通気性が高い中敷きに変えるだけでも効果的です。
なるべく白癬菌が活動できないような環境を作る事が、水虫予防に繋がります。
また、同じ靴を毎日履くのでなく、毎日取り換えるという対策もお勧めです。
1日履いた靴にはコップ1杯分もの汗が、染み込んでいると言われています。
そんな靴をまた履いてしまうと体温と汗によって、靴内部の湿度が急上昇してしまうでしょう。
1回履いた靴は天日干しして乾燥させる対策も、有効となっています。

このような対策法を行っていても白癬菌に感染してしまったという場合は、すぐに皮膚科で治療しましょう。
白癬菌は1度感染してしまうと、いくら足の裏を清潔にしていても、除菌する事はできません。
放置すればするほど繁殖してしまう為、早めに治療するのが1番です。
症状が軽い場合は抗真菌成分を含んだ、外用薬のみで治療できます。
だいたい、数か月で完治するケースが多いようです。