水虫は靴が原因であることが有名です

水虫になりやすいゴム長靴
水虫になるのは靴が原因の場合もあります。
水虫はじめじめとした環境に足を放置していることが原因で起こる皮膚の病気です。
きちんと毎日お風呂に入っているのにも関わらず水虫になるのであれば靴を工夫してみるといいでしょう。

例えば水虫になりやすい靴として有名なものはゴム長靴です。
仕事でそうしても着用しなければいけない場合もあります。
もしもゴム長靴を着用しなければいけない理由が特にないなら避けたほうがいいでしょう。
ゴム長靴は汗を逃がしませんので靴の湿気が高くなり水虫になってしまいます。
もともと水虫になっている時もさらに悪化させると有名です。

少しでも改善させたいのであれば着用するときに綿の靴下を着用するようにしましょう。
そうすれば水分を吸い取ってくれますし悪化や発症の危険性を避けられます。
ただし頻繁に交換する必要があります。

他にも冬場になるとロングブーツを着用することもありますがこれも水虫になりやすいということで有名です。
ゴムでできていなくても通気性は確実に悪くなるので必ず着用するときははだしではなくソックスを吐くようにしてください。
指と指との間が狭い方は五本指のソックスを着用するとさらに感染のリスクを避けられます。
着用した後はできるだけブーツも乾かすようにしてください。
ブーツ用の乾燥材なども販売されていますので次の日までに乾燥させますと感染リスクを少なくできます。
乾燥材が無い方は天気のいい日に外で干すのもおすすめです。

勿論自分の家族や身近な方に感染してる人がいると感染のリスクは高まります。
足の皮膚の環境を整えることによって少しはリスクを避けられるのです。
足を清潔にするとも大事ですが着用するものも清潔にしてください。