爪水虫の治療にクリアネイルはおすすめです

爪水虫
水虫は足の裏がかゆくなったり、皮がむけたりすることが多いですが、中には爪に症状が出ることがあります。
爪と皮ふの間に菌が入り込み、内部で活発に活動するもので、特に爪水虫と呼ばれています。
症状は爪がまず茶色くなり、そのうちにだんだんと黒ずんできて、最後には爪自体がはがれてしまいます。
爪やその周りにキズがあったりすると重症化することがありますが、例えばネイルアートを行なう女性たちなどはどうしても手の爪や指にキズができ、そこから菌が入ることも多くなっています。
その場合は爪が緑色になりますので、グリーンネイルと呼ばれることもあります。

水虫の治療には抗真菌薬を用いるのが効果的です。
これは一般的な水虫にはおすすめの薬ですが、爪水虫の場合は薬を使うのが難しいです。
爪の内側まで薬を浸透させなくてはいけませんが、爪の表面にネイルのように塗るだけでは内側まで通っていかないからです。
そこで爪水虫の場合は、内服薬として口から飲む形でなくてはならない状態でした。
しかし内服ですと、水虫におかされた爪がはがれ、また生えそろうまで薬を飲むわけですから、半年から一年間という長期間飲み続けなくてはなりません。
長く飲み続けますと身体に負担がかかり、例えば血液や消化器、肝臓などに副作用が出て胃痛や便秘、肝機能障害などに悩まされる、という弊害がありました。

特にネイルアートを行なっている人たちなどから、塗る形の爪水虫の薬はできないかという強い要望から誕生し、今おすすめなのがクリアネイルです。
クリアネイルも成分は抗真菌薬ですが、今までとは違い、爪の内側まで浸透するような技術を開発し、塗るだけで効果が出るようになりました。
飲み薬と違って副作用もないですからおすすめです。
但し、クリアネイルも飲み薬の時と同じく新しいきれいな爪に生え変わるまで塗り続ける必要があります。
長期にわたってきちんと続けることが大事です。